永遠の輝きと幸福な一日のはじまり・今時の婚約指輪事情

幸福な一日に身につける

花嫁

個性的なウエディングドレスを身につけて東京で挙式したい場合、ドレスのカラーにこだわってみましょう。ウエディングドレスは純白以外にも紫やピンクなど様々な種類があります。東京でウエディングドレスを用意する場合、レンタルサービスを利用するのが一般的です。

More Detail

たくさんの種類がある

ペアリング

結婚指輪は、神戸の宝飾店で色々な種類が売られています。ダイヤをはじめエメラルド、アメジストなど宝石の種類も様々です。また、指輪のリングの形にも違いがあります。結婚指輪は一生身につけるものなので、自分の気に入るものを慎重に選ぶべきです。

More Detail

世界に1つだけの指輪

手

ハワイアンジュエリーの特徴はジュエリーに文字やモチーフの刻印があることです。既製品だけではなくて、オーダーメイドで手に入れることも可能なので人気があります。日本にも専門店があり、注文することが可能です。

More Detail

永遠の輝きを身につけよう

ダイヤの指輪

結婚前に用意したいもの

結婚を約束した時に記念品として男性から女性に贈るもののひとつとして婚約指輪があります。昔は婚約式の際にあらかじめ男性が選んでおいた婚約指輪を女性に手渡すというのが主流でした。しかし最近では、常に指輪を身につける女性側が納得するデザインであることや、夫婦で身につける結婚指輪に似合うデザインであることなど、婚約指輪に求められる条件が多くなりました。そのため、昔のように男性が一人で婚約指輪を選ぶより、これから夫婦になる二人が揃って選ぶことが多くなりました。一般的に婚約指輪に使う宝石として選ばれているのはダイアモンドです。天然のダイアモンドは鉱石の中でも一番強度が強く、簡単に傷をつけることはできません。また、ダイアモンドの輝きは永久に失われることはないといわれており、二人の愛が永遠に輝き続けるようにという意味を込めて婚約指輪に選ばれるようになりました。

効率的に探すには

婚約指輪を探すなら銀座がおすすめです。銀座は有名な百貨店や大手のジュエリーショップやブライダル専門のお店が多く立ち並んでいるので、様々な条件の中から納得のできる指輪を探すことができます。婚約指輪を購入する時には、デザインだけでなく、宝石の品質、予算など、色々な条件が並びます。たとえば、ダイアモンドを例にあげると、ダイアモンド一粒だけを配置した「ソリティア」というデザインや、一粒のダイアモンドの脇に0.03カラット以下の小さなダイアモンドを配置した「メレ」、リング全体をメレダイヤで囲った「パヴェ」など様々なデザインがあります。費用の面ではダイアモンドは「カラー」、「透明度」、「カラット(重さ)」、「カット(研磨の仕方)」によって品質が評価されており、その品質評価によって価格が変わってくるので予算次第でどのような指輪が購入可能かがわかります。結婚式場も数多くある銀座には30軒以上のジュエリーショップがあります。デザインや費用面など自分たちの条件に合う婚約指輪を、たくさんの選択肢の中から探せるのも銀座ならではです。